忍者ブログ
あかなまずによるゲームブログ。pixivにアップしたイラストの紹介も行っています。
アクセスカウンタ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
あかなまず
性別:
男性
自己紹介:
 管理者は下記のオンラインゲームに参加しています。
 『テイルズウィーバー』ドゥルネンサ サーバー、鯰守(マキシミン)、柚明(ティチエル)
 『マビノギ』モリアンサーバー、ユリディノト(人間♀)、ランジエ(エルフ♂)、鯰守(人間♂)
 『ファンタシースターユニバース』エントラス1、フィクション(キャスト♀)、ヴァニティ(キャスト♂)、トワイライト(ニューマン♀)、エコー(ビースト♂)
 『メタルギアオンライン』、AkaNamazu(♂)
 また、下記のリンク集の下部にあるpixivとmixiのリンクは、管理者の運営しているものです。pixivではイラストの投稿、mixiでは日記をつけています。
62 63 64 71 122 127
13 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05 2006 / 03
 『Tales Weaver』というオンラインゲームの話をここでするには初めてだ。

 ネクソンといところから無料で配信されている、このオンラインゲーム。最近、僕はこれをやりこんでいる。春休みに入ってからというもの、これでもう廃人生活をしているようなものだ。



 今日はTW内で、ひとつ問題が発生していた。

 普段、僕はこういう状況に出くわしたら背を向けて逃げる。触らぬ神にたたりなし、という言葉があるように、厄介ごとには関わらない・生み出さないがモットーだった。

 でもなぜか今回は見届けたいと思った。



 ナルビク復活ポイントを歩いている時に、その現場に遭遇した。

 マキシミンさんとルシアンさん。向かい合って話をしている。

 話を遠くから聞いていれば、なにやらわざと落としていたアイテムを通りすがりに拾われ、「最低」といわれたことに感づき、口論になったようだ。



 僕はオンラインゲームはこれしかやったことがないので、他のオンラインゲームでもあるかどうかは分からないが、地面にアイテムを綺麗に並べ文字や絵を形作る「アイテムアート」と呼ばれる行為がある。

 もちろんアイテムはドロップ、つまりリアルでお金を落として、そのままにしておく状態と同じなのだ。

 危険だ。だが、このマキシミンさんは、そのアイテムアートをしていたのだろう。

 その口論を聞いてみれば──。



「アイテムを勝手に拾っていくほうが悪い」

「所有権を放棄していると考えれるのです」



 実際にクラブメンバーにも意見を聞いてみたが、やはりその判断は難しいそうだ。勝手に拾っていくほうも悪いといえば悪い、処理速度の問題も絡んでくるのでアイテムをたくさん敷き詰めるのも悪い。

 口論を聞いていれば、周りに野次馬が集まってきた(元はといえば鯰守も野次馬)。

 その中から一人、ボリスさんが飛び出してきた。見かけの装備からして、結構な上級者だと感じる。

 アイテムを拾っていったルシアンさんに、そのボリスが話始める。

 横で話を聞いているだけの分際だったが、そのボリスの言う事には、いくつか共感できるところがあった。その話は日本の憲法がどうのこうの……という馬鹿な僕には到底分からないところにまで膨らんでいって、そこからは訳が分からなくなってしまったが(汗)、その話を聞いていて思ったのが──。



「TWにはTWのルールがある」



 この言葉を実際にその状況に持ち出した。

 そしたら、そのボリスさんが共感してくれた。

 ボリスさんもこういうことを言いたかったのではなかったのか、と思った。

 実際にそういう話を、ルシアンさんも分かったくれたみたいだった。



「ボリスさん、あなたはマナーがしっかりしている人みたいですね。見習います」



 憲法とか、日本でのルールがこうだからではない。

 オンラインゲーム・テイルズウイーバーの中には、そこにいる人たちが自然に生み出してきた風習や、ルール、マナーというものが存在している。

 それを知らないまま、そういう行為をしてしまうことも初心者の方の中にはいると思う。

 僕も正直、自分の知らないマナーやルールというものが存在していると思っている。

 だからこそ、ルールを知っている人は、この時のボリスさんみたいに、ルールを教えてあげる義務ある。ルールを知らない人は、ルールを知っている人に尋ねなければいけない義務がある。間違えたことをしてしまえば、あやまることも必要になる時がある。

 そうやって、ひとりひとりがルールやマナーを学び、平和なゲームを作っていくということができるはず。

 人は変わる。

 この時も、このルシアンさんは話をしてから少し変わったのではないだろうか……。

拍手[0回]

PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]