忍者ブログ
あかなまずによるゲームブログ。pixivにアップしたイラストの紹介も行っています。
アクセスカウンタ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
あかなまず
性別:
男性
自己紹介:
 管理者は下記のオンラインゲームに参加しています。
 『テイルズウィーバー』ドゥルネンサ サーバー、鯰守(マキシミン)、柚明(ティチエル)
 『マビノギ』モリアンサーバー、ユリディノト(人間♀)、ランジエ(エルフ♂)、鯰守(人間♂)
 『ファンタシースターユニバース』エントラス1、フィクション(キャスト♀)、ヴァニティ(キャスト♂)、トワイライト(ニューマン♀)、エコー(ビースト♂)
 『メタルギアオンライン』、AkaNamazu(♂)
 また、下記のリンク集の下部にあるpixivとmixiのリンクは、管理者の運営しているものです。pixivではイラストの投稿、mixiでは日記をつけています。
13 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ただ浴槽から天井を眺めていた。

 ここ2、3日風呂場で出続けた鼻血も、今日は出なかった。頭にシャワーを当てても出ることはなかった。途中で鉄の臭いがしたようなものの、鼻に当てた手が赤く染まることはなく、浴槽の中に溶けていく鮮血を見送らずにも済んだ。

 また天井を見る。

 去年の自分も、この天井を見つめていた。

 あの頃の自分と、今の自分が、この浴槽の中で交差している。それは今の自分にとっての最大の皮肉だと思う。去年、この天井を見つめて考えていたこと、思っていたこと、自分を取り囲む状況が非常に酷似していること、それらすべてが皮肉だった。現状に至るシナリオすら、何もかもが酷似、類似していた。まるで登場人物を変えただけの『去年の自分』を改めて演じているような、そんなありえない感覚だった。

 ただ、去年は違った。テイルズウィーバーで新しくいろんな人に出会って、1ヶ月と6日後には、テイルズウィーバーで『狐の寝床』を設立した記念すべき日だった。去年の11月7日、『狐の寝床』が誕生した日。自分は最高に輝いていたと思う。毎日が明るかった、楽しかった。疲れなんて微塵も感じない。毎日誰かに出会って、うつむいている人を慰めたりしていたっけ。その慰めの言葉は、きっと自分に対しての言葉でもあったと思わざるを得ない。



 ……今はまだ、とても前向きにはなれなかった。

 

 過去の自分を見つめていた。

 今の自分は、去年の自分と比べてどうだろう。変わっただろうか、人として成長しただろうか。むしろ退化した方だと思う。同じ状況に陥って、同じ役を演じた。まるで学習能力がない馬鹿だった。

 人と接するのが不器用、だなんてよく言ったものだ。以前に、頭が良すぎる、なんて言われた。頭が良かったら人と接するのが器用なんじゃないのか。頭が悪いから、人と接するのが不器用なんだろう?

 風呂から上がり、甚平を着た。甚平がよく似合うと褒められたが、時期はもう潮時。そろそろ寒い季節になってきた。今日は雨が降っているので余計寒い。ズボンから伸びた足が冷える。

 風呂に入る前と同じように、パソコンの前に座り、パソコンを起動させる。いくつかの画面が表示されて、パスワードを要求する画面が表示される。もう何千回と打ち込んだ、忘れるはずのないパスワードを入力する。正しいパスワードが入力されたと同時に、画面にはディスクトップが表示された。壁紙は、深白とツーショットで撮ったスクリーンショットを切り抜いたもの。それ以外は黒で塗りつぶされていた。画面の左下のスタートメニューをクリックして、ショートカットリストの一番上にあるテイルズウィーバーを起動させた。

 風呂の中で考えて決めたことを、テイルズウィーバーで実行した。誰が見ても自分勝手な行動だと思う。それをして、自分がどうなるかも大抵予想できる。だけど、後悔はしない。現状がこうなったのは、自分の責任だから。いや、「現状がこうなった」という表現は可笑しい。「現状をこうしたのは」と訂正すべきだ。現状をこうしたのは、誰のせいでもない自分の責任だから。だから自分の責任で、こうすることも選んだ。誰のせいにもしない。誰の責任にもさせない。誰一人として、このことに責任感を抱く必要もない。

 人として、最低の行為だと思える。だけど、もう後悔も反省もしない。馬鹿は馬鹿のままでいようと思う。その方が、この先、誰も苦しめずに、誰からも苦しめられることもなく、過ごせると思える。

 もう誰も憎まない。この世で誰が一番嫌いかと聞かれれば、自分以外にはいない。自分が一番憎むべき存在で、それに匹敵する憎い人物なんてものは、きっとこの世界には存在しない。

 昔の自分は違うかった? 当時の自分に戻れ、と?

 

 なんの話か、さっぱりわからんね。

拍手[0回]

PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]